RSS

フランスに行くことになりました。②

2016年07月24日
夢と憧れと不安を抱きParisへ




2016年7月3日(日)
16:00~
画像Javel駅から徒歩2~3分の所に有る
教会のホールでコンサートは開かれました。

画像




画像ピアノ&総合プロデューサーPhilippe Marchandが企画したアットホームで温かいコンサート
YUKARIちゃん冠のコンサートは多国籍のミュージシャンが集まりました。
そして
ゆみりんの日本手話によるパフォーマンス。

急きょ、フランス手話の先生にパリ在住のろう者へ声掛けをしていただきましたが、聾者の来場は叶いませんでした。
そりゃ、来ていただくにはそれなりの準備をしなければお呼びできませんので
当然の結果です。

今後、ゆみりんの出演するステージに聞こえない人もお呼びできるよう
企画から作っていきたいと思います。
今回は、飛び入り参加のような雰囲気でパフォーマンスをしてきました。

【脳腫瘍】聴神経腫瘍 開頭手術⑥

2016年07月15日
ずいぶん間が空いてしまって、手術したことも忘れそうだけどまだ術後10カ月。

-FBの日記から-

~術後の症状はすぐには治らない。時間をかけて慣れていくしかないの?~

手術前の話では術後2週間も入院すれば自宅に戻って療養して、10月からは仕事に戻れるような・・・そんなイメージだったけど。。。
頭を切って腫瘍を取り除いたんだもの。いくら小さな腫瘍だからといっても体への負担はかなり大きかった。


2015年9月15日(火)
画像術後13日目
2週間前のこの時間は手術中だったのね。
刻々と時は過ぎ
まさかまさかの、術後の症状に四苦八苦しております。
精神的には何でもできる気満々なのですが
どうにもこうにも
神経というのは自分の思い通りには動かないらしく
右頭半分は自分のからだの一部とは思えない感覚です。
じっとしていればめまいもないのですが
一度頭を動かすと身体全体が揺れます。
長く揺れが続くわけではなく、頭と中身が密着しておらず
動くたびに中身が振られるという表現がぴったり来る感じです。
振られる度に体も持っていかれてしまうのです。
バランスが悪いったらありゃしない。
もどかしくて歯がゆくて
うまく動けない自分が悔しくもあります。
ひとと比べてもものが違うんだから
参考にならないことはわかっていても
術後もスタスタ歩ける人を羨んでしまいます。
画像それでも
頑張るしかない
自分が頑張らなきゃ
自分の体は動くようにならない。
早く帰りたい。
早くもとに戻りたい。
今週末に退院したいと伝え
それに向けて頑張っています。
FBのお友達の皆様
そろそろ私に
社会に戻れるよう「喝」よろしくお願いします。
いつもありがとう。



2015年9月17日(木)
術後15日になりました。
見守ってくださっている皆様ありがとうございます。
皆様からパワーをいただき順調に回復してきております。
リハビリも具体的に
「いついつまでにこれができるようにしたい。」と療法士さんに伝え、それに合わせた動きを指導していただいています。
私なりに頑張っております。
リハビリ室から病室に戻り、時間ができたときは
安全を確保した上で自主練もかかさずやっています。ベッドの柵につかまり
元から固いからだが更に固くなっているので、ストレッチは欠かせません。療法士さんもビックリしてました。私の身体の硬さに。
なので、教わったストレッチの効果は抜群です。
徐々に徐々に固い体がほぐれてきます。
ほぐれたからだで歩くとバランスがとりやすくなるのです。
ロボットから人間に近づいていきます。しなやかさも戻りつつあるような
ないような。(笑)

まだまだ
目が回るので、長い距離は無理ですけど、短い距離や『ここから5メートル
先』など距離を決めれば
歩行器なしでそこまで歩くことができるまでになりました。
ただ
不意の事態に対処できるまでには至りませんが、何が起こるか予測できることを意識しながら歩く練習をしています。
例えば、人が前方から歩いてくる。
曲がり角から人が出てくる。
というように・・・

それから、まだ声が出にくいままです。
言語聴覚士の先生と発声の練習が始まり、腹筋も使い始めました。
声帯に問題はなく、自分で自分の声がコントロールできないだけなので「
声」を出すやり方を教わっています。
思いっきり声を出したいけど、病室では自主練不可です。残念w
画像
そして、入院ついでに内科の検査も追加されることになりました。
本日は血圧の検査3日目
500ミリリットルの生食点滴を1時間に1本を4回。
2リットルのビールなら4時間もかけないで飲めるけど
点滴となるとこの早さでの注入は結構キツイ。
只今3本目に入りましたがおトイレが近くなります。
大きい声じゃ言えないけど
今日は研修医君の実験台ですわたし(笑)
私の腕に点滴を挿す研修医君は
今年1年目なんですって。
「練習させていただきます。」って本音を言われちゃいましたよ(笑)
画像『よしよし数こなさなくちゃね!』って痛いの嫌いな私だけど
お役にたてればって腕差し出しました。
今日までに何本の針が私の肌に刺さったのだろう・・・
慣れるどころかだんだん怖くて針を刺す瞬間を見ることができなくなるも
んですね。
臆病だわね私w

でも3週間も経つと
自分でリハビリできるような気がしてきました。
だから
「今週土曜日に退院します。」ってドクターに言ってみました。
担当医は「退院してやっぱり無理!」ってなったら再入院すればいい。っ
て言ってくれました。
そりゃ自信がもてるまでリハビリしたい気持ちは山々ですけど
自分で生きていかなくちゃならないんですから
まずは家での生活に戻る。と決めたわけです。
きっと
動いているうちにもとに戻ると思うから。
9月一杯は療養するつもりでいましたからね。
家で慣らしていきましょう。
あ~
それにしてもお腹すいたわ。
毎日、規則正しく3食食べているので朝食を抜くと
途端に腹が減る(笑)
火鍋が食べたい。
串揚げが食べたい。
ケーキが食べたい。
焼き肉~~~~~~~~~!!!
ふふふ元気いっぱいです。



2015年9月18日(金)
画像術後16日目となりました。
明日の退院を前に少しでもできることを多くしようと
朝からストレッチ頑張っております。
窓から外を見て視線を右に左に動かしめまいに慣れるよう練習中。
シャバはもう秋だそうで・・・・
明日から
私の第2の人生が始まる。
どんな自分で生きていこうかプロデューサーは自分。
生まれたての赤子ではなく、人間の平均寿命の半分以上を生きてきた
後半を生きるのだ。
私は「生きるために生きている。」確たる自信を持って生きている。
生きる意味があろうとなかろうと
そんなのどうでもいい。
理由なんて後付けでもいいと思っているから。
やりたいことがある。
次から次へと意欲が湧く。
できるかできないか
そんなことよりも
やるかやらないか
結果はそれ次第。
喜びは始めたときからいつも自分にある。
画像さて
今日もリハビリ頑張るぞ!
いつも応援ありがとうございます。
みなさんからいただいたパワーのお陰で
順調に順調に回復しています。
めまいに対応するバランスもついてきました。
たぶん。
バランスが戻ることは無いけれど、揺れることに慣れてきた感じです。
家に帰っても頑張れるよ。
ありがとう!