RSS

企業内手話講習会

2014年08月28日
都内の企業内手話講習会。

先日、前期が終わりひとりひとりに中間発表をしていただきました。

単語数も増え、後期は復習とステップアップを混めて進んでいきます。

巷の手話講習会は女性の受講者が多いと、よく聞きます。
確かに、数年前まで区の手話講習会を担当していた時も
女性がほとんどでした。
しかし、企業内手話講習会は男性の方が圧倒的に多いのです。

年齢も10代~50代と幅広い年齢層で
多くの方が【手話】に興味を持ってくれているんだと
うれしい限りです。

画像ロの字型で講習をするのですが
横から見る【指文字】は間違えやすい。
と、受講者側の声を聞き、何処から見てもわかりやすい表現を改めて意識しました。

企業内手話講習会は終業時刻後の開催ですので、繁忙期の部署は残業があり
社内にいるの欠席と言うことも時々あります。
仕方のないことなのに
翌週に「お休みしてすみません」と言ってくださり
逆に恐縮してしまいます。

画像部署内にろう者がいる方は
予習復習ができるものの
『自分の部署にはろう者がいなくて…手話を使う機会がなく忘れてしまう・・・』と心配する方もいます。

もちろん
日々使った方が身に付きますが、仕事以外の場所でも必ず活かすことができると思うのです。

普通に音声で話すときにも
手話を入れると、手話がわからない相手にでも、より詳しく伝わることができるのです。
ジェスチャー付だと頭の中で画像化できるでしょ?
それと同じです。
コミュニケーションアップするのです。

表現の仕方は
人それぞれ違いがあっても、【伝える・伝えたい】=【伝わる・伝わった】と
受講者さんに伝わったらうれしいです。

【視覚障碍者のためのビジネスマナー】

画像

昨年のレッスン1に続き、今年はレッスン2を担当させていただきました。









画像護国寺にある筑波大学附属視覚特別支援学校は
視覚に障がいを持つ子たちが通う学校です。






障がいのレベルは様々。
見え方も様々です。


街には視覚で把握する情報があふれています。
道路を歩けば信号があり、「赤は止まれ。」「青になったら渡る。」

大概の人はそのルールで動いていることでしょう。


しかし、その信号機が見えなければ…


場所によっては
音声や音楽で知らせてくれるボタンが備わっていることもあるでしょう。

しかし、そのボタンが設置してある場所が見えなければ…


目で確認する情報は
見える人にとってはとてもありがたく・助かり・解かりやすいのですが、
見えない・見えにくい人にとっては“得られない情報源”となってしまうのです。

そういうことから
視覚に障がいを持つ人のことを『情報障がい者』と呼ぶことがあります。


さて、
手話通訳の私がなぜ視覚障害の子たちにビジネスマナーを教えるのか?

それは視覚障がいと聴覚障がいでは真逆の情報提供が必要になることから、まわりまわって伝える伝わるコミュニケーションのポイントが似てくるからなのです。

聴覚障がい者へは聞こえにくいから目で理解する情報を!
視覚障がい者へは見えにくいから音で理解する情報を!

と・・・・
詳しくはまたの機会に書かせていただきますね。(´゚∀゚`;)


2014年7月27日(日)
画像猛暑日となった、夏休み初めの日曜日。
学校の寄宿舎に受講する卒業生が午前中から集まり、
午後の「ビジネスマナー」へは12名の方が集まってくれました。

この企画は寄宿舎の飯島先生が考案したもの。
数年前から、生徒たちが卒業後社会で自立して生活できるようサポート的に開催してきたそうです。

お年頃の女の子が化粧っけもなく…服にも無頓着で…
と、心配心から
在学生というより、卒業者を対象に行ってきたそうです。

子供たちは
『知らないからできない!』だけで
『能力がないんじゃない!』の。っと声を大にして言っていました。



そうなのです。


画像(給食をごちそうになりました。)
例えば
食事を手で口に運んだとします。
すると「この子は20歳にもなって、箸も使わずに食べているよ!」と、非難されてしまいます。
それは、食事をする時には衛生的に考え、箸を使った方が良いとされてきたからです。
箸やスプーン、フォークなどを口に運ぶ道具として知らなければ、食物を口に運ぶ道具は自然に手を使うことになるでしょう。または、口を食物に近づけ食べるということになるでしょう。

でも、それは決して【頭が悪い】等ではないのです。
【知らない】からなのです。


ですから


知らないなら【知っておきましょう。】ということで
【ビジネスマナー】の依頼が来ました。

ビジネスマナーとは社会でお互いが気持ちよく働くためのルールの様なもの。

今回は
一つひとつに時間をかけて、お話しさせていただきました。

そして、一人一人に直接触れ、練習をしていただきました。
実際に手で触れてみることが大事なので、バッグや名刺入れなど小物も触っていただきました。

時間内で全部を話すのはとても難しいので
あとから読んでわかるようにテキストもお配りしました。

画像テキストは見え方のレベルに合わせます。
前もってお渡しした原稿を飯島先生が点字や拡大文字に変換してくださいました。

全盲の人には点字テキストを!
弱視の人にはスミ字(印字されたもの・書いたもの)を!

個人個人違うテキストが必要なのです。


今回の講習を聞いて、ひとつでもお役にたてれば
うれしいと思います。

来年は【レッスン3】です。
1年に1度だけですが、来年の打合せもしてきました。

講師をすることで
私も学ぶことがたくさんあります。

知らないことを知るってホント楽しいですね。


画像最後に飯島先生がお庭で育てた≪島トウガラシ≫をお土産に頂きました。

(人'▽`)ありがとう☆ございました。

【音のない世界と音のある世界をつなぐ】
~ユニバーサルデザインで世界をかえたい~
岩波ジュニア新書 松森果林著

画像2014年6月20日発行された
松森果林さんの著書

だんだん音を無くして失聴した彼女の苦悩・・・・

音のある世界を生きてきて、音のなくなった世界を知る。
悲しみを乗り越えた彼女だから
何が必要なのかがわかる。

もしかしたら、私も音のない世界へ入ることがあるかもしれない。。。。。
その時、彼女のように生き生き輝いていられるだろうか?



画像7月10日に一緒に食事をする機会があり、
ミーハーのようにサインをしていただきました。

カリンちゃんと出会ったのは
もちろん私が手話通訳者になってから。10数年前になるかしら?

以前所属していた、手話通訳協会の設立時が初めての出会いだったと思います。
その後、ユニバーサルキャンプでご一緒して
UD関係のイベントでたびたび顔を合わせるようになりました。
それをきっかけに、YYPJの手話レクチャーを担当していただきました。

私の活動は彼女の規模には全然及ばないけれど
考え方や行動に共通点があり、コミュニケーションを大事にする部分ではかなり意気投合しました。
私のフリーの通訳者という異例な姿にもエールを送ってくれています。

お互い主婦であり、母であり、仕事を持つ女性として
そしてフリーランスとして働く彼女を私も応援しています。

彼女がつなぐ世界、ちょっとしたきっかけで誰でもできること。
でも知らないと、知らないまま一生が終わってしまう。

まずは知ることから始めてみませんか?

ぜひご覧ください。

手話シンガーのまなちゃん
水戸真奈美さんがbirthdayライブを開催します。

MCはデフダンサーの六本木奈美恵さん。
ゆみりんは手話通訳をやらせていただくことになりました。

ゲストのバイオリンありギターの弾き語りあり
なんといっても、真奈ちゃんひきいる「MKB4」は是非ご覧いただきたい!
【MKB4】
M 水戸真奈美を
K 囲んで
B バースデーライブ
4 4人だよ~

笑いあり涙あり
一緒に楽しみましょう。

画像 真奈ちゃん・デフダンサーの奈美恵さん
デフパフォーマのにゃんこさん・MKB4で一緒に踊るあやのさん
そして、カウントマンを担当する松岡あゆみさん
と、ともに練習&打ち合わせをしてきました。


イベント内では
【抱っこスピーカー】や【ユニバーサルサウンドスピーカー】【聴導犬】もご紹介します。


liveに間に合わない方はpartyからの参加もOKだそうです!

✿お待ちしています✿

水戸真奈美birthdaylive

日時:8月23日(土)14:30〜
  LIVE 14:30 Open 15:00 Start
PARTY 18:00 Start
場所:新宿『DREAM STORE』

http://dreamstore.jp/menu.html
新宿区歌舞伎町1丁目14−7新宿ハヤシビル3F
チケット
★LIVE
 前売 \2,500+1ドリンク(別途)
 当日 \3,000+1ドリンク(別途)
  ※ドリンク代は含まれておりません。
会場で各自、お好きなお飲物をご注文いただきますようお願い致します。
★PARTY 
 ¥2,800(フード+2時間飲み放題)
※パーティーはフード&ドリンクの準備のため、参加ご希望の方は8/18 (月)15:00までにチケットをご購入くださいますようお願い致します。