RSS

【子宮内膜症】病理検査結果

11月6日(日)
博多での手話パフォーマンスを終え、自宅に戻り達成感から脱力。

そのため、11月7日(月)の婦人科受診が億劫になりキャンセルしてしまいました。絵文字

あ~次の受診日を予約しなくちゃな~っと放っておくと11月11日(金)
担当医から電話がかかってきました。

絵文字「あっ、すいません。今日次の予約を入れなくちゃ!って思ってたところなんです。」
絵文字『そうでしたか。急ぎじゃないんですけどね、先日の結果が出たもので、MRIを取った方が良いんですよ。』
絵文字「何かありました?」
絵文字『急ぎじゃないんですけどね、小さなものが見つかったんで。』
絵文字「小さなものってなんですか?」
絵文字『急いでってほどじゃないんですけど、小さな■■が見つかったんですよ。■■なので経過観察って訳にはいきません。』
絵文字「(;゚д゚)ェ. . . . . . .■■なんですか?」
絵文字『小さいけれど、■■です。電話では何なので、受診の時にお話ししますから来てください。』
絵文字「・・・・・・・・・・・・」
絵文字『だけど、子宮を全部取れば大丈夫です。』
絵文字「子宮全摘だけでいいんですか?」
絵文字『子宮と卵巣もとります。そうすれば大丈夫。大きさにもよるけど、腹腔鏡で出来るかもしれません。とにかく、電話では何なので受診の時お話しします。』

絵文字絵文字

11月末に甲状腺の受診日に合わせ、婦人科も受診することになりました。
MRIの予約も入り、1月には手術する流れになりました。

あー
よくも、次から次へといろいろな病魔がやってくるわね。

もし神様が私に何か課しているのだとすれば
≪いい加減、私に試練を与えるのは辞めてください。≫


だけど
私、こんなことで負けないので。


でも子宮全摘かぁ~
■■かぁ~絵文字

今後の生き方を改めて考えていかなければ…絵文字絵文字

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):